「肝臓・胆嚢・膵臓がんの治療」シリーズ「Q&A」最終回です。

34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s

こんにちは、

連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださいませ。

今日でこのシリーズの最終回になります。

 

『きょうの健康「気づきにくい肝臓・胆のう・すい臓癌」Q&A編』22.10.15放送

担当医:東京大学大学院教授 國土典宏医師

特徴的な自覚症状が少なく、なかなか気づきにくいといわれている肝臓・胆のう・すい臓癌のことについて番組を見ている患者さんやご家族から沢山のご相談をお寄せ頂いています。

<肝臓がん>

Q1.静岡県75才男性

肝臓がんの再発防止対策で質問します。
去年直腸と肝臓に3cm大の癌が発見されそれぞれ手術しました。
術後の経過も良く半年後の血液検査では肝機能も腫瘍マーカーも安定していました。
しかしその1ヶ月後の定期検診で1cm程の癌が肝臓に転移していることが分かりました。
急遽ラジオ波熱凝固療法で癌を焼き、今のところ検査値も安定しています。
抗がん剤は副作用が気になり躊躇しています。
今後再発しないか心配です。

A1.肝臓がんは原発性の癌と転移性の癌とは治療法が違います。

「原発性と転移性の肝臓がんの比較」

原発性    項目   転移性
少ない    数    多い
球状     形    いびつ
多い     血流   少ない

それぞれ治療法も違ってきます。

直腸からの転移性癌に対してラジオ波熱凝固療法を行ったのですが,ラジオ波は原発性肝がんに対して有効な方法で、転移性肝がんにはあまり適しているとは言えない。
癌に針を刺して焼くのですが円形の原発性には全体に十分に行き渡り焼くことが出来ますが、転移性のいびつな形状では凸部を焼き残してしまい再発の危険がつきまとう。

Q.再発を防ぐにはどうしたらよいでしょうか?

A.今、癌の状態がハッキリしない状態で抗がん剤を使った方が良いか否かは結論が出ていない。
むしろ定期的な検査を受けて、もし再発があった場合に早く見つけることが大事です。
検査が大事ということですね。

Q.万一、再発してしまった時はどのような治療になりますか?

A.再々発になりますがその場合も切除できるのであれば切除を考えた方が良い、出来ない場合は大腸ガンの化学療法も進歩しておりますので抗がん剤を使うことを考えた方が良い。

<ヒデちゃんのコメント>

主治医が転移性癌に不向きなラジオ波熱凝固療法を採用した時に、患者に十分に説明が出来ていたのだろうか?

Q2.68才女性

20年前から慢性肝炎といわれ、年に1度胃カメラとエコー検査を受けていましたが一昨年突然手術不可能な4cmの肝臓がんを宣告されました。

現在までに肝動脈塞栓術法を4回行いましたが又、再発しています。
保険のきかない陽子線治療や樹状細胞ワクチン療法などを紹介してくれる人がいて悩んでいますが効果はいかがなものでしょうか?主治医はやんわり否定的ですか?

A2.陽子線療法は放射線治療の一部なんです。非常に大きな装置を使って行う治療(先進医療に認定されている)で全国で5ヶ所ぐらいしかない。

樹状細胞ワクチン療法は免疫療法の一種で受けられる施設が限られている。
どちらも保険がきかないしかなり高額医療費になる。

Q.効果についてはどうなんでしょうか?

A.新しい治療法なので沢山の患者さんに適応したデーターが少ない。いわば研究段階の治療です。

新しいことを問い合わせすることも良いのですがその前にまだ保険適用になるデーターが揃っている治療法もあるので先ず、その方から行ったらよいのではないですか?

Q.例えばどのようなものですか?

A.この方は肝動脈塞栓療法を4回行っていますので十分な間隔をあければこの治療は繰り返せるのでもう一回やることも良い(分子標的薬や肝動注なども)

保険はきかないがインターフェロンと組み合わせた抗がん剤肝動注療法もあるので考えてください。

「肝動注療法とは」
カテーテルを通して抗がん剤を限局に直接入れる方法

<ヒデちゃんのコメント>

担当医も専門以外のことについては消極的ですが患者は従来の三大治療で再発しているので新しい治療法を模索しているのです。簡単に研究段階って排除してしまっていいものでしょうか?主治医と変わらないセカンドオピニオンにならないチョット不満のある回答です。

<すい臓癌について>

Q3.福岡県81才男性

腫瘍マーカーCA19-9の値が3年前より非常に高いので去年超音波・CT検査を受けました。
しかし結果は異常なしで医師は体質的なものだから経過を見ましょうと言うことでした。

ただ最近腰が痛くすい臓癌が心配になっています。
そのまま経過観察だけで良いのでしょうか?

A.CA19-9は、すい臓癌とか胆のうがんとか大腸ガンなど消化器の癌で上がることが有名ですね。ホピュラーな腫瘍マーカーの一つですね。

「腫瘍マーカーの推移」

3年前  2年前  去年  今年
390       860      277     480

正常は37以下ですのでかなり高いところかではありますね。
ただ上がったり下がったりしていますのであまり癌とは考えにくいパターンです。

癌で上がる場合は一本調子で上がっていきます。腫瘍マーカーの値が高くても必ずしも癌ではない場合もありますし、胆石とか慢性膵炎でも上がることが知られています。
原因は分からないのですが体質的に高い人もいます。

心配ならPET検査など精密検査を受けたらよいでしょう。
腰痛は整形外科も受診してみたら良いですよ。

Q4.奈良県51才の女性から

80才の母親のことでご相談です。
検査ですい臓癌を強く疑う診断を受けました。
自覚症状や黄疸はありません。癌であっても他の所への転移は確認されておりません。
今できる治療は手術しかないといわれましたが本人は高齢であり数時間に及ぶ手術ということで本人は手術はしないといっています。
手術しないのであればすい臓癌の進行していくのを待つしかないのでしょうか?他に持病はありません。

A4.大きな手術になるので高齢の場合は躊躇される方が多いですが80才だから無理だということはないんですね。特に持病がなく、体力があれば手術可能です。
手術しない場合は抗がん剤を使うことになります。

<ヒデちゃんのコメント>

在宅で出来る基礎免疫治療をお勧めします。
まだ、体力に負担をかけないがんカテーテル治療も可能です。

Q5.新潟県57才女性

弟がすい臓癌のステージⅣと診断され藁をも掴む気持ちでお問い合わせしました。
手術は不可能といわれ外来で抗がん剤治療中です。自宅での食事や生活上の注意点にアドバイスお願いします。

A5.すい臓癌ステージⅣということですが、先ず組織検査をしたのかどうか確認した方が良いです。

通常の膵癌の他にすい内分泌腫瘍といいまして、すい臓の内のホルモンを分泌するところにがんが出来ている場合と普通の膵癌の場合とでは使う薬が違ってくるのです。
一度組織を確認して鑑別することをお勧めします。

生活上の注意点は、
通常どおりでよい。腰痛、嘔吐、黄疸、茶色い尿があれば受診してください。

<ヒデちゃんのコメント>

基礎免疫治療とがんカテーテル治療をお勧めします。

<胆のうがんについて>

Q6.43才男性

半年前から右の上腹部が痛みエコー・CTなどの画像検査で胆のう腺筋症が見つかりました。
医師は良性なので経過観察すれば胆のう切除は必要ないといわれましたが将来のことを考えますと元々早期では見つけることが難しいがんだとするとこの段階で胆のうを摘出した方が安心の様にも思います。放置しておいてもリスクはないのでしょうか?

A.「胆のう腺筋症」とは、

原因はよく分かっていないのですが胆のうの中にポケットの様なものが沢山出来て壁が厚くなっている状態。

基本的には良性の病気なので胆のう腺筋症からがんになることはないといわれています。
ただ一部にがんと見分けの付かないものがありますのでそういう場合は胆のうを取った方が良い。
この方の場合は、腹痛という症状があるので胆のうを取ることも考えても良いと思います。

Q7.大阪府59才女性

62才の夫のことで相談です。
先月突然のことで黄疸で緊急入院しました。下部胆管がんを告げられました。
来週胆管だけでなくすい頭部や十二指腸まで切除する手術を受ける予定で自宅で待機しています。
胆管がんを調べれば調べるほどがんの中でも厄介ながんだと不安でなりません。
手術後、特にどのような点に注意すればよいのでしょうか?

A7.胆管は肝臓と十二指腸をつなぐ管。
下部胆管はすい臓を通って十二指腸に入るところなので、すい臓癌と同じような手術になります。
大きな手術でご心配で時間もかかるのですが手術が終わって落ち着いてしまうと,私の患者さんでも10年20年元気で過ごしている方もいるので体調を整えて手術に望まれることを希望します。

術後は、退院は1ヶ月位かかりますが消化吸収機能が一時的に下がりますがだんだん元に戻って、食事の量も最初は少し減りますが基本的には通常の食事でよいです。
栄養のバランスを心がけてください。
Q.肝臓がんに使われるソラファミルについてどこの病院でも使えるのですか?

A.昨年5月に保険適用になり、手術できない肝細胞がんに使われます。

全国どこの病院でも処方箋を書いて貰えれば肝機能が悪いと使えませんので主治医と相談されると良いと思います。

今回のシリーズはこれで完です。

このシリーズの詳しい情報はNHKきょうの健康テキスト10月号でご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る