サプリメントを飲んでいることを医師に言うべきか?

d2f59470714154575195868f65fc5afc_s

医師の知識には限界がある ーサプリメントを飲んでいることを医師に言うべきか?       2015.7.15

「がん患者の迷いに専門家が本音で答える本」水上 治医学博士著 PHP出版より抜粋

ガン患者さんの5~6割程度の人がサプリメント(プロポリスやアガリスク等)を飲むなど、標準治療以外のことを行っていることは、色々な調査でハッキリしています。
相当の医師に黙ってサプリメントをやっていいのか、医師に堂々と告げてやればいいのか、患者さんは悩むところだと思います。

しかし実は、患者さんががんの治療を続けながらサプリメントなどの補完代替医療(西洋医学以外の治療)をやっていることは、大病院の医師たちはよく知っているのです。

では担当の医師にサプリメントを飲んでいることを、正直に言うべきでしょうか?
私は、ストレートにいわない方がいいと思います。まず担当の医師がサプリメントに関してどんな考え方を持っているのか、気をつけて観察すること。
この先生のスタンスは、サプリメントに好意的なのか様子をうかがいながら、「友達からサプリメントを進められています。まだやっていませんが、どうでしょうか?」などと軽く探りを入れて、医師の反応を見てから、言うか言わないかを決めることです。

もし医師が少しでも嫌な顔をしたら言わない方がよいでしょう。残念ながら言っても無駄だと思います。
これは難しい問題ですが、現状では医師に隠す方がよいと私は思います。というのは、サプリメントについては何も知らない医師が多いので、質問しても正しい答えは返ってこないからです。

最近「自分としてはベストを尽くしているが、西洋医学は十分ではないし、完全ではない」と考える医師も結構増えてきました。しかし「とんでもない」という反応を示す医師が圧倒的に多いことは間違いありません。

患者さんから「医師は勉強不足で、運動や栄養指導はほとんど無い」と不満の声を聞くことが相当以前からあります。
日本の医師は、栄養のこともサプリメントのこともほとんど知りません。日本の医学部では、サプリメントのことも運動や栄養、生活習慣のことも、がんとの関連についてはほとんど考えていません。

食事の指導や運動などかガン治療に有効であるという論文は各国で相当数出ていますが、忙しくで気の毒な面もあるにしても、この分野での我が国の医師の勉強不足は否めません。

たとえ手術、放射線、抗がん剤で治った人でも、以前と同じように食事・運動に注意を払わないと、再び元のがん体質に戻ります。
運動療法の効果については、ハーバード大学の研究で、乳がんの人は歩行程度の運動を毎日続けることによって再発リスクが半分になり、運動しない人より2倍程延命することがわかっています。和食のようなよりヘルシーな食事を心がけると、この効果がさらに強化されることもわかっています。

また米国などの研究では、大腸ガンについても、肉をより減らし、脂肪を減らし、野菜・果物を増やす食事の方が再発が少なく延命することがわかっています。

前立腺がんでも、野菜や果物をたっぷり取る食生活が、より腫瘍マーカーやPSAを下げやすいという研究があります。その他にも、運動療法や食事療法の効果を示す論文は多数あります。今あるがんを消滅させる程の効果はありませんが、再発や転移をリスクを減らし、がんの進行を弱めることは間違いありません。

 

ー抗がん剤とサプリメントを併用しても良いかー

抗がん剤を使っている時、サプリメントが活性酸素を抑えるのでよくない。と信じている医師が多くいます。これは抗がん剤の効き目の一部は活性酸素によるものなので、活性酸素を除去するようなタイプのサプリメントが作用を妨害する可能性がある。という理論です。

確かにたいていのハーブ系サプリメントは活性酸素を減らします。しかし、この種のサプリメントは私たちの食べ物の延長線上にあるものです。抗がん剤治療をしている時に、野菜を沢山食べてはいけません、と言うのと同じ理屈です。

「抗がん剤治療をしているときは野菜を食べるな」という極端な医師もいますが、サプリメントは栄養剤で食べ物。ハーブも薬草で一種の野菜ですから薬理効果があります。サプリメントに反対する科学的な根拠はありません。

私はすでに2000人のガン患者さんに抗がん剤とサプリメントとの併用をおすすめしてきましたが、一例たりとも抗がん剤の効果が減弱したと感じた人はいません。

残念ながら現状は、サプリメントについてわが国では大学の医学部で教えていませんし、相談できる専門家がほとんどいません。アメリカでは、ナチュロパシードクターというハーブ(薬草)の専門家がいますし、ドイツでは医学部で学生に教えていて、国家試験にハーブの問題が出るので、医師にはハーブの基礎知識があります。  etc
<ヒデちゃんのコメント>

末期のガン患者さんが積極的免疫治療を行って、ほとんどの方が、抗がん剤単独の治療によって得た、極端な副作用によってダメージを受けて、抗がん剤治療を二度としないと考えられていましたが、ハーブ系サプリメント「D-12」と抗がん剤のカテーテル治療を併用して行ったところ、抗がん剤の副作用がほとんど無く、嘘みたいだと感想を述べられています。

抗がん剤治療をなさっている方は、是非一度ハーブ系サプリメント「D-12」との併用をお試し頂きたいと思います。
詳しい資料は請求頂ければ、ご案内させて頂きます。

<完>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る