がんカテーテル治療の実際と症例

1b56a03b786152c5b130047a66582486_s

こんにちは。2016.6.25
<イムノセラピー友の会・代表小島英明>のヒデちゃんです。
今回も前回に引き続き当院統括理事 宇野克明の最新著書であります、
日本免疫治療学会公式ガイドライン「積極的に攻める最新がん免疫治療のすすめ」(メタモル出版)
より一部を抜粋しご紹介させていただきます。 皆様こんにちは。
強化免疫治療に続く、併用治療のご案内となります。
じっくり目を通していただき、ご理解いただければ幸いです。

併用治療 【がん局所の治療:がんカテーテル治療】
免疫治療とは、異物排除の抵抗力を強化してがん治療を行なうものであり
時にがん腫瘍との力バランスも考慮しなければならない。
そのため活発ながん細胞が体内で広範に残存する場合、
抗がん剤も併用しつつがん細胞の活動性を相対的に低下させることも重要なポイントとなる。

もちろん全身レベルで免疫低下を引き起こさないよう細心の注意も要求されるため、
当医療チームでの抗がん剤投与には主に“がんカテーテル治療”が用いられる。
一般に保険で行なう抗がん剤治療は全身投与だが、この方法ではがん局所に抗がん剤を効率よく、
必要な分量だけカテーテル注入できる。

そのため抗がん剤の重大な副作用も無く、がん局所には最大限の効果が発揮できるというメリットがある。
ただし1週間弱の入院が必要となり、原則トイレ歩行や食事など、日常動作が可能な体力を保持する方が治療適応となる。
カテーテルの他にもがん局所治療として有望なのが、ピンポイント放射線治療であろう。
現時点では最新鋭のピンポイント放射線治療機器も数少ないが今後は重粒子線・中性子線治療器、あるいはサイバーナイフ等の全身治療機器も普及することが予想されている。
※つづきは日本免疫治療学会会長 医学博士 宇野克明著
「積極的に攻める最新がん免疫治療のすすめ」でご覧いただけます。
「基礎免疫治療」で使用されている「CS-82MD イムノライザー」「D-12イムノサポート」は、
当院の処方以外でも下記認定企業にて販売しています。

摂取量なども詳しく説明されており、日本免疫治療学会会長・医学博士宇野克明先生の相談も可能となっております。

【株式会社ライフライン】
D12イムノサポート、CS-82MDイムノライザーのご案内

◆ http://www.life-line-romiya.com/
◆ 03-3949-0725

—————————————————————————–
いかがでしたか。
併用治療として、がん局所の治療:がんカテーテル治療について宇野の見解をお伝えいたしました。
抗がん剤も併用しつつ、がん細胞の活動性を相対的に低下させることも重要なポイントとなります。

何かご不明な点がございましたらいつでもお気軽にお尋ねくださいませ。

肺がん免疫治療症例集

http://www.comfort-hp.com/rep/1.pdf
——————————————————————-

【病院がしたがらない積極治療を私たちは率先して行います】

主治医から見放されても、絶望的な言葉を言われても決してあきらめないでください。
私たち<イムノセラピー友の会>(ホームページ http://www.imuno-therapy.com/)が全力でサポートさせていただきます。どうぞお気軽にご相談下さい。

何かご不明な点がございましたらいつでもお気軽にお尋ねくださいませ。
<ヒデちゃんのコメント>

私の患者さんも皆ステージⅣの末期がん患者さんです。
皆さんこれ以上の手立て無しと言われ「がん難民」として途方に暮れていた方ですが伝手を頼りにご縁があり、「がんカテーテル治療」を実施して驚くほど改善し、普通の生活をエンジョイされています。

症例1 55歳女性
乳ガンが10cmと大きく、リンパ節が2.5cmと手術不能で受診しました。
3回のがんカテーテル治療で乳ガンが2.5cm、リンパ節が9mmに縮小したので手術を行い、5年経過した後も基礎免疫治療だけ行いながら、元気に旅行を楽しんでいます。

症例2 58歳女性
大腸ガンを手術。2年後にリンパ節に転移、腫瘍の大きさ2.6cm。抗がん剤か放射線治療かと医者に選ぶ様に言われて受診。

3回のがんカテーテル治療でリンパ節腫瘍の影が薄くなり、まだ活動性があるか否かをPET検査で確認中。活動性がなければ基礎免疫治療だけで経過観察。活動性が残っていたら再度がんカテーテル治療を行うか、分子標的治療薬かの選択を予定。

症例3. 50歳女性

乳ガンの再発手術後、再々発して主治医が信じられなくなり、癌研にセカンドオピニオンで受診。
そこで、リンパ節への転移・肺への転移・骨への転移が見つかり絶望する。
担当医は、元気そうで抗がん剤に絶えられそうだからやってみるか?とモルモットの様に言われて失望。
伝手を頼って受診。がんカテーテル治療を3回行って、骨の痛みはなくなり、リンパ節と乳ガン局所は影が薄くなり、肺に小さながんが残っている。

現在6週間の経過観察をしており、肺転移については、再度がんカテーテル治療を行うか、分子標的治療薬にするか検討する。

現在,基礎免疫治療を在宅で行いながら毎日忙しく活動しており、普段どおりの生活をされています。

「がん難民」と言われて治療放棄になっている方、是非一度「がんカテーテル治療」をご検討してみてください。

追伸、
現在がんカテーテル治療は、免疫治療と分離して医療法人コンフォート病院が専門に行っています。
混合診療から外れましたので「保険診療」が可能です。3割負担で1クール約15万円です。

がんの症状により、1~3クール行われるのが一般的です。中には定期的にカテーテル治療を継続され、1週間入院して「ジャまたね!」と元気に退院していく姿が印象的でした。

副作用は、全身投与の治療とは比較にならない柔らかいものですので、主治医から抗がん剤の全身投与を進められていられる方は、是非ご検討下さい。

<完>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る