イムノセラピー友の会(免疫治療)の活動について

84912f99a3784e8c4544623681b90e6b_s

こんにちは、

私たちが推奨したい医学的ガン免疫治療について積極的にご案内する、イムノセラピー友の会(免疫治療)について、その活動についてご案内させて頂きます。

<イムノセラピー友の会について>

「イムノセラピー」友の会は提案します。

「がん」は、残念ながら、日本で一番死亡率の高い病気です。
そしてその治療方法も未だに万全とは言えません。
保険診療の範囲では、がんは残念ながら年々増加しています。

「がん」  日本では、現在手術できないと死亡する確率は、
8倍もあると言われるので手術可能の早期発見が大切です。

「がん」は早期発見と予防対策が一番です。
今、-注目され始めた-がんが造り出す「腫瘍マーカー」の早期診断システム、全身を一括で判定できるがん特化型検査システム、「がんリスクチェッカー」で、早期発見が『あなたとご家族』の<安心を確実>にします。

私たちは、現在の保険制度の三大医療で手立てがないから
ホスピスや在宅へと医療放棄とも思える終末医療の中でも、
「がん専門医」に係り、イキイキとした輝く、生活の質(QOL)が
向上する苦痛の少ない納得した人生をとご提案しています。

lifeline<イムノセラピー>友の会は、
『がん対策推進基本計画』-2015年がん検診受診率- 50%達成。キャンペーンを推進しています。
「健康応援サービス」を通じて、『がん検診』と『医学的がん免疫治療』を普及することにより、健康増進に寄与していきます。

lifeline「イムノセラピー」友の会の情報が皆様にお役に立てる情報であることを切に願っています。
ありがとうございました。
<イムノセラピー友の会>活動の原点

7年前に始めて3年前に休止していました。そして今回再活動することを決めました。
その理由は、医学的がん免疫治療を推進していましたコンフォート病院では、免疫治療の腫瘍免疫学の宇野克明先生と抗がん剤のカテーテル治療をされている後藤康之先生との治療が混合診療となってしまい、免疫治療は保険診療外の自由診療であり、がん・カテーテル治療や分子標的治療薬については保険診療適用であったにもかかわらず、混合診療となってしまい、図らずも全部が自由診療扱いのために高額医療費となってしまい、経済的に裕福な方しかご紹介できなかったことを残念に思っていました。

今回、ブログを再開したことで、宇野克明先生と後藤康之先生の消息をインターネットで確認したところ宇野克明先生は、2年前よりAPT分子免疫治療として、免疫治療だけに特化して東京駅付近で「東京MITクリニックを」開業されていました。保険適用外治療のため自由診療で高額医療費がかかりますが、経済的に許される方には2万例の症例があり、是非お勧めしたい治療法です。

後藤康之先生は、コンフォート病院の院長に就任されて、「がん・カテーテル治療」と血管塞栓術を併用されてガン治療を6,000例以上実績を積んでいらっしゃいます。
こちらは、保険適用内の治療ですので3割診療で13万円から50万円(回数によって変動)ぐらいです。
抗がん剤の副作用も極端に少なく、癌研の全身の抗がん剤投与との副作用の大幅な違いに皆様驚いています。

自由診療と保険診療とが明確に分離されたために、ガン難民の患者様への選択肢が増え、色々な組み合わせが出来、収入が普通の人にも十分にご紹介できるコンビネーションを選択することに喜びを感じ、積極的にご紹介できる自信が湧き、<イムノセラピー友の会>を積極的に活動していきたいと考えています。

<イムノセラピー友の会が>お勧めするコンビネーション治療の選び方

1.東京MITクリニックの主な免疫治療(APT分子免疫治療)  自由診療

1-1 がんペプチド誘導治療
1-2 サイトカイン誘導治療
1-3 アポトーシス誘導治療

1-4 がん高度精密血液検査(がんリスクチェッカー)

2.横浜コンフォート病院(がん・カテーテル治療)        保険診療

2-1 抗がん剤の局所投与(50cc、全身投与の十分の一)
2-2 血管コイル塞栓術

※ 摘要部位は首から下の疾患に限る。

<各種組み合わせ例>

①<全種共通項目>
1-4 がんリスクチェッカー、1-2 サイトカイン誘導治療、
2-1 がんカテーテル治療

②<血液のがんを除く>
1-4 がんリスクチェッカー、1-1 がんペプチド誘導治療、1-2 サイトカイ ン誘導治療、1-3 アポトーシス誘導治療、2-1がんカテーテル治療、

③<血液がん>
1-4 がんリスクチェッカー、1-1 がんペプチド誘導治療、1-2 サイトカイ ン誘導治療、1-3 アポトーシス誘導治療、

免疫外来のセカンドオピニオンによっていろいろな組み合わせの選択をチョイスできます。

<治療の流れ>

① 免疫外来の予約して、宇野克明先生の腫瘍免疫治療のセカンドオピニオンを受ける。

② 1-4のガン・リスクチェッカー検査を受ける

③ 免疫治療の範囲を決める

④ がんカテーテル治療の範囲を決める

⑤ 在宅時の1-2サイトカイン誘導治療の範囲を決める

⑤ 個人のメニューに合わせて納得の出来る治療を選択して治療を始める。

受診する病院が2ヶ所になりますので、双方の院長とコンタクトが出来る<イムノセラピー友の会>がコーディネーターとなることで利用者の患者さんとご家族との連携を密にして安心した治療選択のお役に立っていきます。

以上、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る