大橋巨泉さんガン再発4度目の手術

sn2015042061_60

sn2015042061_60

おはようございます。

昨日テレビ番組「ザ・インタビュー」で、司会者松岡修造、ゲスト大橋巨泉の話を聞いた。久しぶりによいインタビューだったと録画しなかったことを悔やむ。

番組の中で、巨泉さんが5/16日に入院して4度目の手術をするのだとご自身のガン闘病の様子を話されていました。

最初は、胃がんで手術をして、次に中咽頭ガンで手術、リンパ節に転移して手術、今回は肺に転移が見つかり肺の1/6を手術するのだそうです。

闘病生活の中で悟ったことは、がんと闘うのかそれとも死をを受け入れるのかどちらでしかない。

まだやりたいことも奥さんとの生活も続けたいので闘うことに決めた。

がん細胞は、自分の細胞が変異してがん細胞になったのであるから原因は自分にあるわけではないので、

親しく「ガンちゃん」と呼んでいて、奥様とも今日の「ガンちゃん」の様子を話し合って様子を見ながら生活をしているようです。

自分の細胞だから「憎しみ」は持たない、自分だから。俺が悪いわけではない、だから明るく生きた方がよい。

誠に、ガン患者さんのお手本になる闘病生活と、がんに対する心構えでした。

その基本は、ガンをよく知っていること。そして最新の先端医療と最高の医師を知っていること。

情報をご自身で集められ、最高の医療機関と医師による治療を受けること。そして何よりも定期検診をして初期の段階でガンを発見していること。

80才にして、元気と気力をお持ちになられている様子を拝見して勇気を頂きました。ご快復をお祈りいたします。

 

映像を見て感じたことは、毎週土曜日放映「医療の現場」を担当している鳥越俊太郎さんも4度の手術を行い、元気にご活躍されています。

そのおおくの要因は最新の治療法を、最高の医療機関と最高の医師によってそして何よりも定期検診を怠らずに早期に発見して手術により原発部分を取り除いていることです。

ここで共通していることは、ガンは再発・転移が免れない慢性疾患であるということです。

 

そこでイムノセラピー友の会でおすすめしているのが、ガンに特化した検診システム「ガン・リスクチェッカー」と言う検査方法です。

時間は、5分です。血液を採取するだけ。服を脱ぐことも時間もかかることもありません。2週間後に全身のガンの危険状況が判明します。

1度に27項目の腫瘍マーカーなどを検査するので、再発転移、複数の内臓部位に対する判定を行うことが出来ます。

費用は、自由診療ですので、1回:129,600円(税込)です。ちょっとお高いですね。

40才を過ぎたら、ガン年齢といわれています。一度検診しておけば、安心して仕事に家庭に励むことが出来ます。

イムノセラピー友の会へお尋ねください。

<完>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る