免疫治療と免疫療法はどう違うの?

3e3e0fc83dcfc1ee6ede68c33b5eef89_s

こんにちは、

一般的に日常的に使われている言葉についてた確認しておきたいと思いますので、以前にお伝えしたことをご案内させて頂きます。

2010.8.21 免疫治療と免疫療法はどう違うの                                                        免疫治療には色々表現がされていますが「医学的がん免疫治療」の担当医は次のように表現にされています。

『免疫治療と免疫療法はどう違うのか?』                                                             免疫療法は医師免許が無くても行うことが出来る。      いわゆる民間での対処療法となります。

「医学的癌免疫治療」指定病院の免疫治療は読んだ漢字の如く「治療」となります。                                           治療とはまさに医療行為であり、医師免許を持った医師だけが行える行為となります。どちらが患者さんにとって意味のある治療であるかは言うまでもありません。

● 他のがん治療との違い

保険治療においてがんを根治するには、ほとんどのケースで“手術で完全にがんを取り除く”こと以外の選択肢はありません。                        さらに併用される標準的な抗がん剤治療、放射線治療などは外科手術の及ばない場合に補完治療に過ぎません。                              手術で完全切除がかなわなかった場合には、抗がん剤、放射線治療とも単なる延命を期待する効果以外にないのです。

1. 外科手術で完全切除が出来た場合は根治治療となる。

2. 外科手術が不十分あるいは不可能だった場合には、抗がん剤・放射線治療はあくまでも延命治療の一つであり、根治効果はまったく期待できない。ということが言えます。

又手術・抗がん剤・放射線治療に共通することは、そのどれもが人体そのものに大きなダメージを与える治療法であり,患者さんの体力、残り余命に対して、マイナスにも作用しうると言うことです。

一方で免疫治療は専門医によって適切に実施されるなら、患者さん自身への体力ダメージは一切無く、その治療時期・方法によっては十分に根治への期待を持つことも可能であるということです。

ただ高騰する保険医療費の抑制目的もあり、昭和30年代前後に制定された標準的がん治療への新しい技術導入は後ろ向きなため,免疫治療の承認自体も非常に遅れています。

● 免疫療法・免疫細胞療法の特徴                                                                 ・がんの種類や進行度合いによって治療法が選べない(オーダーメード治療ではない)                                        ・入院施設がない病院が多い(病状の急変に対して緊急な対応が出来ない)                                              ・ ガン専門医が対応していない                                                                  ・ 初期費用が高い                                                                        ・ 治療前の十分な検査を行わないことが多い                                                            ・ どのようなガンに対しても同じ療法処置が取られる
● 「医学的癌免疫治療」病院の場合の特徴                                                             ・ 初期費用を抑え治療効果に合わせ治療メニューを変更可能                                                     ・ 腫瘍免疫学のガン専門医が個別に対応                                                              ・ がんの種類や進行度合いによって完全なオーダーメード治療が可能                                                 ・ 入院設備が完備で病状の急変にも24時間緊急対応                                                        ・ がん免疫ドック(特殊検査)によってリスク、無駄のない治療

免疫治療の “治療”とは、医師のライセンス保持者のみに許される強力かつ積極的な医療対処を意味します。                               免疫治療では現時点で最先端の「腫瘍免疫学・分子生物学」といった医療知識と技術により,強力な治療の実戦が可能です。

一方の免疫療法の “療法”とは、特に医師ライセンスを持っていなくても行うことが出来る,いわゆる民間での対処法です。                        例えば一時期広く応用されたサプリメントや食事療法によるがん対策。あるいは鍼灸・マッサージ・温泉湯治などによるがん対策なども有名です。

また温熱パッドなどを用いたえせ温熱治療(温熱療法)など、医療機器まがいの健康器具による療法も一部心ない人々によって行われています。               ここで重要なことは進行がんや再発・転移がんなどのように,がんの活動性が著しく高まった状態に民間の “免疫療法”ではまったく歯が立たないと言うことです。       活動性の著しく高いがん細胞は、そう甘いものではありません。

<ヒデちゃんのコメント>

「医学的癌免疫治療」の特徴は、基礎免疫治療は在宅で行われるので地域格差や地方格差がなく誰でもうけられます。                            症状によって4~7日の入院治療が可能であれば強化免疫治療や併用治療も出来ますので自分自身に合ったオーダーメードの治療が可能です。                 そして長期入院設備も整っているので万が一の急変の場合にも対処することが出来ます。                                        そして何よりも自分のがん状態を数字で確認することが出来る(高度ガン検診・リスクチェッカー)ので治療方法の計画や確認が出来るので安心です。            私は、「医学的がん免疫治療」病院が、トータルに患者と家族を迎えてくれるので信頼しています。                                     勿論患者さんの環境は個々に違いますので、患者さんご本人と支えるご家族の方がご納得して進められることがどの治療法を選択されたといたしましてもその時のベストな選択であったと認識しています。

<完>

 

3e3e0fc83dcfc1ee6ede68c33b5eef89_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る