病気に負けない!免疫力を上げる方法徹底研究

2c9476517735e6ceda4aa87cd030bc90_s

こんにちは、

免疫をあげる情報を見つけましたのでお知らせします。ちょっと古い情報ですが免疫力を高めるお金のかからない方法なので是非お試しを

<エチカの鏡>   2010.8.1放映

「病気に負けない体を作る!免疫力を上げる方法徹底研究」久しぶりに「完全保存版」の番組に出会いました。

具体的な方法を動画で表現してくれていますので文字やイラストで見るよりも分かりやすく簡単に紹介しています。

映像を見たい方は、お問い合わせにてお申し込みください。

内容が濃いので数回に分けてご紹介致します。

<イントロ>                                                                          

同じような生活をしているのに、病気にかかりやすい人と病気にかかりにくい人がいる。その差はいったい何なのか? それは「免疫力」。

免疫力とは、   

病原菌やウィルスなどから身を守るために体に本来備わっている防御反応のこと。免疫力は年齢とともに弱まる。                             

さらに、私たち人間は生きている限り毎日5~6000個のがん細胞を作っている。免疫力が低い人は発がん率が高くなる。免疫力低下で発がん率が高くなる。

免疫力をアップさせる方法徹底リサーチ                                                              

○ 日常で簡単にできる「6つの免疫力アップ方法」があった!                                                    

○ 風呂の入り方だけで免疫力がアップする!?                                                           

○ 体温を上げる「ゆる体操」って何!?                                                              

○ 「笑い」ががんと闘う細胞を活性化する!?

余命1年と宣告された女性が「笑いの力」で起こした奇跡

<免疫力をアップさせるにはどうしたらいい>

免疫外来 みらいクリニック(福岡) 今井一彰 院長

免疫外来とは、人が本来持ち病気に対する力を高める外来

Q.免疫力とはいったい何なんでしょうか?

A.細菌やウィルスから病気を守る防御反応

例えば人間の中にガードマンが住んでいると考えてもいいかも知れません。

主に血液中の白血球が行う。

Q.免疫力が高いとはどういうことなのか?

A.ばい菌を退治する白血球の強さのこと。

免疫力が高ければインフルエンザウィルスが入って来た時に、体の中で蔓延する前に白血球が退治してくれる。

免疫力が衰えると病気にかかりやすくなる

年齢による免疫力の変化図

NK細胞の活性度10代で40%.40才過ぎると半減以下になる。

免疫力を低下させる要因     不規則な生活、不安、勉強や仕事に追われる等、様々なストレス。

Q.免疫力を上げる方法は?ありますか

A.簡単に免疫力を上げる方法があります。かなり効果があります。
簡単にできる「免疫力を上げる6つの方法」

『その1.先ず体温を上げる』 

体温が上がると白血球が活性化する。体温が1℃上がると白血球の強さが3倍になる。

風邪の時熱が出るのは,熱は白血球の働きを活発にし病原菌を倒そうと脳が指令するため。理想の体温は、36℃~37℃。 最近平熱が低い低体温の人が増加している。

平熱を上げるためには → 基礎代謝を高める → そのために筋肉量を増やすことが大事。ゆったり、ゆっくりした運動で筋肉量を増やして平熱を上げていくことが大事です。

<「ゆる体操」 運動科学研究所 Nidoさん>

ゆっくりした運動、優しい動き、頑張らせないのが深いところの筋肉を動かして、体が温かくなるんです。

筋肉が柔らかい緩んだ状態だと血液の循環がよくなり、体温が上がる。

体操しながら声を出すのが効果が高まるのです。息を吸ったり吐いたりの量も当然増えますね。どんどんどんどん体操の効果が高まるように考えられている言葉なのです。

発する言葉は擬態語が最適。

1.「肩こりギュードサー体操」 効果:首や肩の筋肉を緩める体操 

声できもちよーくと唱えながら僧帽筋をさする(両方) 僧帽筋を「ギュー」といいながら肩を持ち上げる 僧帽筋を「ドサー」といいながら肩を落とす

両肩のストレスを捕まえ、息を吸い「ドゥワー」と言いながら下に落とす。

2.「Vゾーン体操」 効果:下半身のリンパの流れがよくなる体操 

1.つま先を90度から120度に開き、頭上に作った三角形をVゾーンに降ろす

2.Vゾーンを「気持ちよく」と言いながら擦する

3.膝を曲げ両手を挙げながら「Vゾーン」と言いながら伸び上がる。3回目は飛ぶ。

4.最後に拍手する。拍手までが「Vゾーン体操」

3.「ネバネバ歩き」 効果:内臓を刺激して体温を上げる

1.その場歩き。気持ちよく

2.つま先を地面につけたまま,その場歩きをする

4.「魚クネクネ体操」 効果:体幹部を緩めて基礎代謝を上げる

体幹部(腰・骨・首)を左右に揺する。(クネクネクネといいながら行う)

5.「胸フワ・背フワ体操」 効果:深い呼吸で血行をよくする

・左右の胸を交互に優しく擦する。(気持ちよくといいながら)・ 両肩、両腕を後ろに引いて胸を開く フワー、フワ-、フワ- …

・ 両肩、両腕を前に出して背中を開く フワ-、フワ-、フワ-、・ 胸と背中を左右に動かし緩めてほぐす。 モゾ。モゾ、モゾ、ヨガや太極拳など、ゆっくり動ける運動がよい。

 

『その2 爪もみ体操』

爪を揉むと免疫力が上がります。

人は、活発な動作の源 → 交感神経優位な状態と

体を休める源  → 副交感神経優位な状態のバランスを取っている。

・爪を揉むことが交感神経と副交感神経に大きく関係している。・ 爪の付け根の脇には自律神経が集まっている。

・ 爪もみはその自律神経を刺激して、免疫力を上げていく方法

親指、人差し指、中指、小指は副交感神経を刺激する。薬指は交感神経を刺激する。

 ストレスフルで交感神経優位の時に4本の指を揉めば免疫力がアップする。

<正しい爪もみの仕方>                                                                     

1. 人差し指と親指で爪の生え際を少し痛い程度に押す。

2. 一つの指に付き10~20秒ほど揉む。

3. 親指・人差し指・中指・小指と揉んでいく           

4. 反対の手の爪も薬指以外の4本を揉んでいく。   

とても簡単で、効果がすぐ現れるようですよ。

 

 『その3.音楽を聴く』   埼玉医科大学 和合治久 教授 

免疫力を下げる大きな原因はストレスです。ストレスをなくすためにはリラックスすること。

「モーツアルト」を聴くと免疫力が上がる。

モーツアルトの音楽には、非常に周波数の高い音が含まれる。その非常に高い周波数を聴くだけで副交感神経に作用する。4,000ヘルツ付近の高周波数は、副交感神経を刺激しリラックスさせる。最も効果的な聴き方は、ヘッドホンを使い1日3回30分ずつ。

効果のある「モーツアルト」ベスト3

1位 「バイオリン協奏曲」 K.218 第3楽章 2位 「ディベルティメント」 K.136 第2楽章  3位 「弦楽四重唱」 K.458 第2楽章

 

『その4.鼻で息をすると免疫力が上がります』

少し口を開けていたり、鼻炎などで口で息をしている人が多い。鼻でウィルスなど7~8割防げる。

<呼吸時の防御箇所>

○  鼻呼吸 : 鼻毛、鼻水、咽頭扁桃

○ 呼吸 : 唾液だけ

口が少し開くだけでも唾液が乾く。ドライマウス状態になる可能性が。

ドライマウスとは、ばい菌から守っていた唾液がなくなり免疫力が低下しウィルスなどの感染を引き起こしやすい。

<鼻呼吸へ導くための「あいうべ体操」>

1.「あー」と喋る時よりも口を大きく開く    2.「いー」と横に大きく開く    3.「うー」と口を前に出す  4.「べー」と舌を突き出す

4つの動作を1セット(5秒)とし、一日30セットを目安に毎日続ける

1ヶ月後には舌の筋肉が鍛えられ正しい位置にすると鼻呼吸が自然と出来るようになる。

 

『その5.血行をよくする。』                                                                   

血行がよくなると血液中の白血球が身体の隅々まで行き渡る訳です。

当然隅々まで行ってそこで色々なばい菌がいたとしたら退治してくれますから免疫力が上がると言われています。

<血行をよくする 乾布摩擦>

1. 擦る回数 3~5回位で効果有り少し赤みを帯びる    (強く擦っても効果はない。炎症の原因になる場合がある)

2. 擦る場所    1. 両足、2.腹、3.両手、4.背中、5.首筋、6.胸。

3. 擦り方

・ ・ l.両足の擦り方:血流が戻るように末端から心臓へ向かって擦る

・ 2.腹の擦り方 :へそを中心に円を描くように擦る

・ 3.両手の擦り方:足と同様に末端から心臓に向かって擦る

・ 4.背中の擦り方:左右の肩胛骨の間をゆっくり擦る

・ 5.首筋の擦り方:首の付け根に盛り上がる骨のすぐ下を擦る

・ 6.胸の擦り方 :鎖骨と胸骨の間を擦る

下半身を動かしながら乾布摩擦をするとリンパ節の働きが活発になり、より血行がよくなる効果がある。

服を着る時に体を締め付けない服を着るのも血行をよくするための方法です。

 

『その6.免疫力を高める「正しい風呂の入り方」』                                                         

風呂に正しく入ることで副交感神経優位になり免疫力をアップする。

① お風呂に入る前に水をコップ一杯飲む。

② お湯の温度は40℃前後、41℃未満が理想的

③ お風呂に急に入るのではなく、かけ湯をする。

④ 5分間全身浴をし、その後15分間半身浴にする。

⑤ お風呂から上がる時、手足に冷水をかける。

簡単な方法なので今日からすぐに実行できる方法ですね。お試しを!

映像付きなのでとっても分かりやすい。

<ヒデちゃんのコメント>

どれをとっても自宅で簡単にできることですので是非お試しを!ひとつだけでも・・・

 

2c9476517735e6ceda4aa87cd030bc90_s

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. de7171c01b68bbd8d8bcd8d77d94b7de_s
    こんにちは、 四週間体調不良でお休みしていました。ちょっと遅れたお一日参りです。 九月、…
  2. 5d76c8b5ca247c46833d05aa8d1bb1e6_s
    おはようございます。 帯状疱疹の治療を始めてから一週間がたちましたが、変化なし。医師から二週間…
  3. bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    「8.6、8.9」に思うこと 2015.8.9 こんにちは、暑中お見舞い申し上げます。 …
  4. cbd86216ab9e3918d6d9270673d0ff74_s
    こんにちは、 暑中お見舞い申し上げます。猛暑は一服。くれぐれもご自愛下さい。 「帯状疱疹…
  5. 97ba1e0476ed165bf28b21d97139ea8a_s
    こんにちは、 猛暑の更新が続いています。東京は7日間連続、くれぐれもご自愛下さいませ。 …
  6. 34e63631caaed684ecebb2f7f1983da0_s
    こんにちは、 連日の猛暑日が最長記録を更新して6日目になりました。本当にくれぐれもご自愛くださ…
ページ上部へ戻る